コンビニ後払いで起こるトラブル

コンビニ後払いは、ネットショッピングのユーザーとしては便利なので消費拡大に貢献しています。



コンビニ後払いのメリットは、代金を払ったのに商品が送られて来ないリスクをゼロにできることです。



一方で、ネットショッピングを運営する側にとっては、商品を発送したのに代金をもらえないというリスクが問題になります。

代金未払いトラブルが起こった時は、まず柔和な態度で支払いを促す催促メールを利用します。



未払いになる理由に、うっかり忘れがあるため支払い期限から3〜7日は猶予期間を設けるのが良いです。


たいてのトラブルはこれで解決しますが、それでも入金されない時は顧客に電話をかけます。



電話は直接言葉を交わすので単純に忘れたのは意図的に支払いを拒否しているのか把握できます。



ただしあまり顧客を疑わずに、丁寧に話を進めるのも大切です。



電話をしても入金がなければ、意図的な未払いと考えて問題ありません。

顧客は運営側の反応を伺っているので、法的手段も辞さない覚悟を見せます。



そこで有効なのが内容証明郵便です。最初は所定の期間内に入金されない時は内容証明郵便を送ることを伝えます。



内容証明郵便とは郵便局が受け取り先のコンビニに届けた事実と、郵便物の内容を証明するものです。
裁判になった時に証拠として使えます。

コンビニ後払いは顧客との信頼関係が必要ですが、健全な運営をするためにはきちんと代金を回収しなければならないので、心理的な圧力をかける場合も頭に入れておきます。

関連リンク

コンビニ後払いで起こるトラブル


コンビニ後払いは、ネットショッピングのユーザーとしては便利なので消費拡大に貢献しています。コンビニ後払いのメリットは、代金を払ったのに商品が送られて来ないリスクをゼロにできることです。...

着られなくなった子供服は買取が節約


子供の成長は本当に早いです。ついこの前に買った洋服が、もうキツイということは良くあります。...