• 意外と知らない化粧水の本当の意味

    毎日のスキンケアで当たり前のように使っている化粧水。

    洗顔の後につけるもので、ノーメイクの日は洗顔後にこれだけという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    こちらの化粧水情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

    洗顔でクリアにした肌に水分をのせて保湿ばっちりと思っているあなた、実はこれ肌にとって大変危険な行為なのです。

    化粧水はほぼ水なので、つけた後は肌が潤った感じがします。

    ただ、ちょっと考えればわかることですが、水分はすぐに蒸発します。
    つまりつけた直後から化粧水の水分は蒸発しますし、その際に肌内部の水分まで一緒にもっていってしまいます。


    そのため化粧水だけでのケアは絶対にNGなのです。



    肌を潤すのが目的と勘違いされている方が多いですが、そうではなく肌の状態を整えるのが本来の目的なのです。これによって次につける美容液などの肌への浸透を高めます。


    つけるのとつけないのとでは、次の美容液の肌への浸透率が雲泥の差となるのです。


    今は洗顔後にこれ1つでオーケーといったオールインワン化粧品も登場し、大変人気となっていますが、実は肌のタイプによってはこのタイプは合わないこともあるといいます。
    一度に化粧水、美容液、乳液とすべての成分を肌に乗せるため、大変重くて肌に思ったように浸透しない方も中にはいらっしゃるようです。



    その場合はいつもの手順を踏むスキンケアにするしかありません。時間がないというかもしれませんが、肌のことを考えると1つ1つ手順を踏んだ方がいいわけです。