• 化粧水の持つ役割と種類

    化粧水はお肌の水分補給という意味で毎日のスキンケアとして欠かせないものです。

    いくら乳液やクリームがあっても油分でお肌の表面を守ることは出来ますが、お肌の中に肝心の水分を入れることが出来ないからです。

    化粧水にはお肌のタイプ別に敏感肌用・乾燥肌用・オイリー肌用と種類があります。

    化粧水を知りたいならこちらです。

    自分の肌に合わないタイプを選ぶと大変な目に遭います。中には乾燥肌とオイリー肌、乾燥肌と敏感肌といった混合タイプの肌もあり、自分に合うタイプを選ぶのは骨が折れる人もいます。


    皮膚にアトピー性皮膚炎などの疾患がある人はもっとややこしいでしょう。
    また、通常の化粧水だけでなく美白タイプもありますから、それぞれのお肌のタイプ別にプラス美白となるとお肌によってはそれもストレスになったりします。お肌の状態に合わせてUVカットのクリームにするのか、一歩進んで美白にするのかでは大夫違ってきます。
    これが年齢別になるともっと厄介で、10代の人にはニキビケア用品、20代の人には大人ニキビ対応、30代の人にはプレ更年期対応から妊娠や出産で肌質が変化した人まで、まるでゲルマン民族の大移動のように別の化粧品に変える人が続出する頃です。
    40代以降はひたすらエイジングケアまっしぐらになり、この時期閉経を迎える人はお肌の変化に愕然としたりします。



    しわやたるみ、シミ、くすみなどそれぞれの悩むポイントも違ってきますから、それに対応した化粧水を見つけることになりますが、オールインワンタイプにするのか化粧水と乳液・クリームにするのかでまたまた悩むことになります。

    基本的にお肌の中に十分水分が補給されてそれが保湿出来るのであればどちらでも構いません。



    入れたら溜めるというそのプロセスが大事なわけですから、納得のいくまでサンプルでお試しするのもいいでしょう。

    年齢を重ねるごとにお肌の状態も変わるということを肝に命じて、大切にいたわってあげましょう。